FC2ブログ
tabelog
参加中♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅園 『あわぜんざい』 【東京・浅草】

今冬マイブームな粟ぜんざいを求め、東京は浅草までやって参りました。
浅草雷門
上野~浅草間の下町情緒が大好きですv
いつ行っても人多いですがねぇ~。

『梅園(うめぞの)』
梅園
安政元年(1854年)の創業の東京を代表する甘味処。
浅草寺の別院(梅園院)で創業したことがその名の由来だそうです。
永井荷風の小説の中に登場したほど、有名なお店です。

京都の『梅園』さんも粟ぜんざいが有名ですが、東京で粟ぜんざいというと、こちらの『梅園』さんの名が挙がるそうで。
なんて素敵な連想ゲーム(違)


『あわぜんざい』 ¥703
粟ぜんざい
創業以来変わらぬ製法を守り続けた、元祖「あわぜんざい」。
江戸の昔は粋人が茶屋遊び帰りの朝の一服に(そういや浅草って吉原の近くでしたな)、今は浅草観光の定番として、時代を越えて提供されています。

粟ぜんざい アップ
梅園のあわぜんざいの餅は、あわではなく餅きび。
餅きびを半びきして煉りあげ、蒸した餅と、じっくり炊いたこしあんを椀で合わせてあります。
やや小ぶりながら、粟ぜんざいの常として、しっかりとした食べ応え!
あっさりと甘さ控えめなあんこも上品です。

東京の粟ぜんざいも美味なるかな♪




『梅園』
浅草本店/東京都台東区浅草1-31-12  地図
TEL:03-3841-7580
営業時間: 10:00~20:00
定休日:水曜不定休(月2回)
お店のHP
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。